少し背伸びした所からできるいろいろ

弊社は無人航空機(ドローン)の高い知識と操縦技量をもって
低空域による空撮業務を行っております。

高い知識と操縦技量

昨今の無人航空機(以下ドローン)は購入時より既に完成品として提供され、高度な自立安定装置の進歩により
初心者又は反社会的思想の者がeasyに操縦ができてしまう時代になりました。
空撮に掛る費用の面でも安価に請け負う業者も多数いらっしゃいますがそれでは安全を買うことはできません。
クライアントが求めるものを収めるのだけが空撮ではなく、空撮を行うまでの過程と事故がなく無事に機体を帰還させ
素晴らしい映像を共有するまでが空撮での業務としています。

2015年12月に航空法の改正に伴い、これまでよりも高い安全飛行が求められるドローンによる空撮!
空を飛ぶものは常に「落ちる」と言う危険性があるとこを意識して、
これからまだまだ伸びるであろうドローンによる市場を停滞させてはいけないと考えています。

弊社ではパイロットに求められるスキルとしてDJI CAMP技能資格の証明を受け「DJIスペシャリスト」を取得し。
また、日本国内最難関とされる合格率7%(2017年5月現在)のPROドローンパイロット技能認定の合格を受け日本全国で業務に従事しています。
その他自主的に必要と考える資格や講習として、JUIDA操縦技能者・JUIDA安全運行管理者、JUIDAスクール講師も取得しています。

補助者・誘導者、Drone+に在籍、及び提携している者はパイロット同等の知識及び教育を受けており
安全に業務を遂行しクライアントが求める以上の物を提供することを目的としております。

service【サービス】

改正航空法って?

2015年12月に改正航空法が施行され、今までどこでも運用可能だったドローンが場所によって飛行出来ない場所や、飛行する為に許可又は申請が必要になり。また、飛行の方法でも申請が必要な物が明示されました。そこで、どういった場所が飛行禁止でどういった飛行方法に申請が必要になるか。弊社ではそういった疑問を運用する方、そうでない方にわかりやすく教育し安全にドローンを運用できるご協力をいたします。

技能資格は必要?

パイロットに求められるスキルとしてDJI CAMP技能資格の証明を受け「DJIスペシャリスト」また、合格率4%のPROドローンパイロット技能認定を取得し日本全国で業務に従事しています。その他自主的に必要と考える資格や講習として、JUIDA操縦技能者・JUIDA安全運行管理者、JUIDAスクール講師も取得しています。

空撮の料金は?

使用する機体(カメラ)によるのと、掛かる日数によって変動します。 発注する側として安いのに越したことにないと思いますが、ワンデー(1日)でいくら!としています。近頃は安価に請負う業者がおりますが、それで安全は購入できません。 弊社は空を飛ぶものは「落ちるもの」と考え、そのリスクを出来るだけ無くしクライアント様に満足してもらえる商品を納品させていただいています。 使用機体(弊社で案件聴取後選定)・録画フォーマット・日数によって料金をご提示しております。 詳しくはドローンの110番!ドローンプラスへお気軽にお問合せください。

測量

NEWS(最新情報)

無人航空機業務

Drone


機体の販売は安心のface to faceでご購入いただけます。
ご使用方法や疑問に思ったことは購入時直接サポートいたします。
もちろんアフターサポートも万全です。

お気軽にお問い合わせください。

営業時間

月曜日~金曜日
9:00~18:00




〒994-0011 山形県天童市北久野本2丁目1-50
TEL 023-665-0110