僕と青空と時々ドローン

EE東北’18UAV協議会の一般参加部門で優勝

2018年6月6日 みやぎ産業交流センター 夢メッセみやぎで開催されたUAV協議大会に参加。2日間に渡る内容でしたがSkyLink秋田の佐々木さんとペアを組み、空撮技術と飛行操作技術共に強豪であった参加者を上回る事が出来ました。山形新聞にも掲載されました。

EEtouhoku

この大会の目的として
近年、空撮、測量などの分野におけるUAV活用が普及しつつあり、特にマルチロータヘリコプターを使った様々な新技術が土木技術分野で開発され、広まりを見せています。
EE東北では、建設事業における調査設計、建設工事、維持管理、災害対応等へのUAVの利活用と普及を視野に入れ、空撮技術や計測技術、飛行技術の競技を通じて、UAVの技術特性と適用性の検証と、さらなる技術開発の促進、一般の方々へ情報発信を目的として、UAV(ドローン)競技会を開催するものです。

この優勝に甘んじることなく、これからも東北、そして地元山形の災害時における無人航空機の可能性と正しい運用を進めてまいりたいと思っています。

農業・産業に係る無人航空機(ドローン)のご用命は産業ドローン専門店のDrone+【ドローンプラス】へお問合せ下さい。

大会HP

主催

EE東北実行委員会
構成団体名
一般社団法人日本建設業連合会東北支部、一般社団法人日本道路建設業協会東北支部、
東北建設業協会連合会、一般社団法人日本建設機械施工協会東北支部、
一般社団法人東北コンクリート製品協会、
一般社団法人全国特定法面保護協会東北地方支部、
一般社団法人東北地域づくり協会、一般社団法人日本埋立浚渫協会東北支部、
一般社団法人建設電気技術協会東北支部、
一般社団法人建設コンサルタンツ協会東北支部、
東北地方整備局、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、仙台市、
東日本高速道路株式会社東北支社

競技内容

ドローンを使って空撮、計測技術を競う。
競技会は2部門。
総合技術部門
EE東北’18新技術展示会のブース出展者を対象とし、実技と撮影結果のプレゼンテーションにより飛行操縦と計測技術(空撮測量)を競う部門。
審査は計測結果並びにプレゼンテーションの内容を対象として行う。

一般参加部門
一般参加者(EE東北の出展者以外も応募可能。対象は全国)を対象とし、実技により空撮技術と飛行操作技術を競う部門です

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。