僕と青空と時々ドローン

「災害時等における無人航空機による情報収集活動(撮影等)」に関する協定

弊社、株式会社市重郎建設 無人航空機事業Drone+【ドローンプラス】は平成30年4月1日より、総務省消防庁と「災害時等における無人航空機による情報収集活動(撮影等)に関する協定」を締結することになりました。

協定目的:災害時等において、無人航空機に関する必要な操縦技術等を有する民間事業者との連携により、災害現場の映像や画像などを撮影し消防庁に速やかに伝送することによって、災害状況を迅速に把握することを目的として、協定を締結します。

消防庁と締結した企業又は団体として63事業者あります、その中で山形県では弊社のみになりますがこれまで協力してきた隣県の事業者とこれまで以上に力を併せ、秋田県・岩手県・宮城県・福島県・新潟県・栃木県などで災害時等の情報収集活動にあたります。
主に東北地方での業務ですが、救助・災害時にはいち早く駆け付け、安全に情報の収集を行います。

締結事業者一覧

これまで、産業ドローンを専門に扱ってきた実績を地域に役立てられる様にこれからも周知・活動を行ってまいりたいと思います。

災害時に導入する機材等
・Matrice210
雨天時にも使用可能なドローン

・カメラは光学30倍ズームの「Zenmuze Z30」

・夜間の撮影も可能な赤外線カメラ「Zenmuze XT」

・INSPIRE2

・Phantom4Pro

・Matrice600

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。