僕と青空と時々ドローン

(株)市重郎建設Drone+【ドローンプラス】が山形県企業として初めて参加した「チーム東北JV」が難題である課題二の『駆付』を3日連続で達成した。

10月16日から20日に北海道上士幌町の山林(3㎢)でジャパンイノベーションチャレンジ2017が開催され、 (株)市重郎建設Drone+(本社:山形県天童市北久野本、 事業部代表:森谷智之)が所属した「チーム東北JV」が、 要救助者(マネキン)に決められたエリア内に物資を輸送する「駆付」を3日連続で達成した。

●大会概要
地域活性とロボット関連技術の発展を目的とするロボットコンテスト
本大会は去年2016年から開催されており、 ドローンや産業用ロボットの活躍がますます期待される中で、 特に期待したい3つの分野「発見」「駆付」「救助」で具体的な課題を設定したコンテストを実施することにより、 日本国内におけるロボット関連技術の発展や製品化の加速、 対外競争力の強化となることを目的とする大会。 開催期間は5日間。

本大会で、 Drone+が所属する「チーム東北JV」は課題2を無人航空機通称ドローンを使用して1.5km離れた要救助者(マネキン)へモニターによる遠隔操縦で約3kgの救援物資を輸送する「駆付」を3日連続で達成することに成功しました。 これは参加団体(13団体)でもっとも多い達成回数。 課題1の「発見」も1回達成。


↑1.5㎞離れた現場から遠隔操作

※モニターからの情報のみで操作することは高い操縦技量が求められる。


↑救援物資投下状況


↑要救助者(マネキン)

〇使用機体
物資輸送メイン機体:DJI MATRICE600

〇使用機材
ウインチ、 吊下げ用カラビナ
協力:グローブライド株式会社

チーム東北JVは本大会でリール制御による救援物資輸送を採用しました。 リール制御を採用することにより、 ドローンをホバリング状態を維持したまま救援物資をカメラ目視操作にて正確な場所へ置いてくることが可能になりました。

●課題と展望
今回はあえて、 どこでも入手出来る民生機を使わせていただきました。 それは、 一般機を使ってどこまで課題を達成できるかを検証・証明する目的もあったからです。 しかし、 課題の達成にはドローンの高い知識と操縦技量が求められることは必須でした。 我々チーム東北JVのドローンパイロット森谷・石田はプロドローンパイロットの認定を受けていた為、 課題成功に結び付いたと言っても過言ではありません。
これから広まるであろうドローンによる救助。 それを安全に行える機体の開発、 また操縦者の教育・派遣を行っていくことが大切です。 弊社はドローンの運用、 開発、 講習をこれからも行ってまいります。

〇チーム東北JV
(株)市重郎建設Drone+(PROドローンパイロット:森谷)
(株)チック(PROドローンパイロット:石田)
(株)トップクルー(PROドローンパイロット:古舘)
(株)東北ドローン
関西ドローン

 

●会社概要
企業名:株式会社市重郎建設Drone+
事業部代表:森谷智之(PROドローンパイロット)
住 所:山形県天童市北久野本2丁目1-50
事業内容:建設業、 空撮、 ドローン講習運営、 機体販売
資本金:1000万円
URL: http://ichijuro.co.jp

●お問合せ
株式会社市重郎建設 無人航空機事業 Drone+
森谷 智之
0800-600-2020
droneplus@ichijuro.co.jp

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。