僕と青空と時々ドローン

近海郵船様の「企業メッセージ編」の空撮を担当しました。

20ノットのスピードで進む全長179.9mのロールオン・ロールオフ船「ひだか」(通称:RORO船)からAttiにて離艦させ、撮影後また進行している「ひだか」へAtti着艦と言う高難度の撮影。(AttiとはGPS等のセンサーを切りマニュアルで操縦することを言う)

日本海で苫小牧行きの「つるが」と交差するカットは失敗の許されない本番一発勝負撮影や、
「ひだか」の真正面に回り込み、実機では撮影することの出来ないアングル(船首が波をかき分ける)を常時スポーツモードにてドローンの利点である低空域を使った撮影など。

誰でもできる撮影ではありませんが、とてもいい経験です。

【豆知識】
ロールオン・ロールオフ船 とは?
貨物を積んだトラックやシャーシ(荷台)ごと輸送する船舶で、 発地港ではトレーラが乗船し、貨物を積んだシャーシを切り離して船側に載せ(ロール・オン)、トレーラヘッド(トラクタ)だけが下船。
着地港ではトレーラヘッドだけが乗船してシャーシを連結し、そのまま下船(ロール・オフ)、陸送するという方法で輸送可能な船のことを指す。
http://www.naiko-kaiun.or.jp/kids/zukan/roro.html

担当
レイブプロジェクト提携パイロット(海上担当):森谷 智之
レイブプロジェクト提携パイロット(地上担当):富山 美一
カメラオペレーター:前波 聡
撮影機材:INSPIRE2、X5S

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。