僕と青空と時々ドローン

新しい農福連携の”カタチ”

企業組合ジパング(弊社Drone+【ドローンプラス】と株式会社チックによる共同出資会社、以下:ジパングという)
代表理事 森谷智之は、農業と福祉による農福連携の新しいカタチとして、ジパングが販売・取扱いをしている農業用ドローン(MG-1)を
一つのハードとして使用し、社会福祉法人さくらんぼ共生会が母体となる、就労支援事業所あるあーる(以下:あるあーるという)と一緒に
これまでにない日本初のプロジェクトを始動させました。

これまでの農福連携に見られる活動として、“障がい者が直接農業に従事し、食材を確保する”というものが多く
近年ではリハビリにも効果があるとされていました。
しかし、障がい者はすべてイコールのコンディションではないことと、施設によって重軽の開きがあり、
外に出られる方で農業を行うにしてもそれには施設の職員がついていかなくてはなりません。職員の人数が
限られている中で屋外でのサポートに職員を振り分けてしまうと、外に出ることができない入居者への支援のクオリティーが
下がってしまうというマイナス面がありました。

そこでジパングは、就労支援事業所「あるあ~る」と連携し、農業用ドローン(MG-1)のボディー部分に、
施設利用者より思い思いの文字や絵(アート)を描いてもらい、その想いを乗せたアートドローンを利用者に代わって県産米「つや姫」の
ブランド産地形成を目指している「つや姫ヴィラージュ」の圃場に追肥や防除を行います。
そして、その水稲防除で得た収益の3%~5%をアートを画いてくれた施設に寄付し、障がい者の作業工賃取得につなげるという
日本初のアートドローンによる新プロジェクトです。

「農業分野と福祉分野、それぞれの課題」


農業の課題として、担い手不足による従事者の高齢化。
福祉施設の課題として作業工賃のアップ。
農業分野へのドローン活用の課題として、認知度や作業性能の周知とスマート農業の推進。
などが挙げられます。

今回スタートさせた、ハートウォーミングドローン・プロジェクトでは、先にあげたそれぞれの課題をクリアできる物であり
農福連携の新しいカタチです。
ドローンで追肥や防除を行うことで、労働力の省力化と人件費というコストの削減にもなり、間接的ではありますが施設利用者の社会参加と
作業工賃のアップが期待できます。
ドローンに至っては、スマート農業の推進と新規散布圃場の確保に繋がり、農家さんとしても、これまでお願いしていたヘリ防除から
ジパングのアートドローン散布に切り替えることで、今までと変わらない料金で、間接的ではあるが障がい者へ支援することにもなります。
また、これまで手で行っていた作業がドローンに切り替わることで労働力の軽減となるだけでなく人件費のコストカットにも貢献します。

『五つのWin』で、Winが~ファイブ!


・外に出ることができない入居者でも農業に参加でき工賃を得る又アップすることができてWin
・行政も模索していた農福連携を新しいカタチとしてすすめられてWin
・農業生産者も、これまでの水稲防除をジパングのアートドローンに切り替えることで、今までと同じ料金で間接的に障がい者へ支援ができてWin
・散布圃場が増えることで、施設へお渡しする工賃が上がり、ジパングとしてはドローンとスマート農業の推進が進みWin
・県産米「つや姫」に追肥することで、新しい農福連携のカタチを促進させた品種としてブランド力が向上しWin
関係する誰もがマイナスになることがないプロジェクトです。

日本初の農福連携のカタチを県産米の「つや姫」の圃場で行うことは、ブランド力の向上に寄与します。

企業組合ジパングは、この活動が山形県と宮城県だけではなく、東北、そして日本全国に広がる活動をこれからも支援・活動して
まいります。

☆下記日程☆

6月14日
社会福祉法人さくらんぼ共生会「Gallery&cafe あるあーる」にてドローンに絵を描き、アートドローンを作成

7月6日
山形県寒河江市の「つや姫ヴィラージュ」にて農地美化活動に合わせ、制作したアートドローンで県産米つや姫に新剤の肥料を散布

8月中旬
アートドローンで水稲へ適期防除(予定)

10月中旬頃
「つや姫ヴィラージュ」の収穫祭。そこにアートドローンを展示予定。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。