農業分野

これまでの無人航空機による農地への防除は、産業ヘリコプターが主流でした。ドローンプラスでは、ドローン専門店として農業分野にも力を入れています。

ドローンプラスは次世代への農業をサポートします

農業用のドローン活用

皆さんもご存じの通り、現在多くは無人ヘリコプターにより農薬散布が行われています。それもまたひと昔前は有人機による散布が主流でしたが、35年ほど前から徐々に無人ヘリコプターに移り変わってきた時代背景があります。

そして現在、無人航空機(ドローン)が農業の分野で農薬を安全にそして効率よく誰でも行える時代がやってきました。ドローンでの農薬散布が主流となってきています。

数年後には産業ヘリコプターはなくなり、ドローンでの薬剤防除が当たり前の時代が来ます。

農業用ドローン「MG-1s」

ドローンプラスでは、DJI製品を皆様に安全にご提供できる体制を整えています。

農業用ドローンとして「DJI AGRAS MG-1s Advance」を取り扱っています。※粒剤散布装置もあります。

弊社の取り扱うDJI製品のドローンは、現在国内で登録されている農業用ドローンの中で、性能・安全性・散布能力・飛行で群を抜いています。

現在飛行運用している産業ヘリコプターよりもポテンシャルが高く、静かで効率よく均一に散布可能です。


日本では産業用マルチローター(農林水産省 航空局で認可された機体)を使って農薬を散布するためには、操縦や農薬散布に関する技能と知識が必要です。

これを操縦するオペレーターとなるためには、まず農林水産航空協会の指定教習施設で教習を受講後、検定に合格することが農林水産省無人航空機利用技術指導指針で定められています。

Drone+【ドローンプラス】は、ドローンの実績、山形県でトップクラスです。機体の販売、教習、メンテナンスは安心してお任せください。

電話
フォームでのお問い合わせ
©  Drone+ All Rights Reserved.
PAGE TOP