測量分野

人手不足による工事単価の高騰など、土木・建設業界全体の課題をクリアしていくべく、株式会社市重郎建設では、ドローンを活用して測量および解析を行っております。

土木・建設業界の課題

道路やトンネル、河川やダム、橋梁、港湾、空港———。私たちの生活の基盤となる構造物を作るには、まずはじめに測量を行う必要があります。

測量とは、現場の地形を正確に測ること。地形の角度および距離、若しくは高さなど計測して、その地形に合わせて構造物を設計、施工することが基本です。

この測量ですが、従来は人の手で行われていましたが、時間を要するものでした。

しかし、このような構造物の場合、その多くは国や自治体からの発注です。土木・建築業界において問題視となっている人材不足もあり、国ぐるみでの課題でもありました。

loT技術の導入で生産性向上を図る

そこで国土交通省では、loT技術を現場に導入することで人材不足、また人的負担を軽減するために、i-Constructionという取り組みを推進したのです。

このi-Construction(アイ-コンストラクション)とは、建設の過程において、各段階に先端技術を導入して生産性向上を図ることを指します。それにより時間短縮、新人でも熟練者同様に、精度および効率化につながります。

i-Constructionを推進する3つの視点

  • 建設現場を最先端の工場へ
  • 近年の衛星測位技術等の進展とICT化により、屋外の建設現場においても、ロボットとデータを活用した生産管理が実現

  • 建設現場へ最先端のサプライチェーンマネジメントを導入
  • 鉄筋のプレハブ化等による建設現場の生産工程等と一体化したサプライチェーンの管理の実現

  • 建設現場の2つの「キセイ」の打破と継続的な「カイゼン」
  • イノベーションを阻害している書類による納品などの「規制」や年度末に工期を設定するなどの「既成理念」の打破

レーザー測量で高精度の三次元データを提供

弊社では、ドローンによる計測サービスを行う扶和ドローン株式会社(FUWA DRONE)と業務提携を行い、北海道および東北エリアをプロパイロットとして担当しております。

 

測量方法としては、主にレーザーでの業務。このレーザー測量は、ドローンに搭載したレーザースキャナーを地表に照射することにより、返ってくるレーザーの時間にて計測するものです。

ドローンの位置情報はGPSおよびIMU(慣性計測装置)にて、正確かつ安定性をもっています。そして測量結果は、専用の解析ソフトウェアで分析。従来の測量と比較して遥かに精度の高いデータを算出できるのです。

ドローンで行う測量は、対象地形を撮影する写真測量もあります。弊社では、場面によって最適な測量方法による業務を行います。

お気軽にお問い合わせください。メールはdroneplus@ichijuro.co.jpからどうぞ

©  Drone+ All Rights Reserved.
PAGE TOP