Drone+【ドローンプラス】

ドローンのご依頼はDron+【ドローンプラス】へ。東北は山形に拠点を置く合格率7%のプロドローンパイロットが全国各地へ飛びます。

 0800-600-2020

株式会社 市重郎建設 ドローン事業部【ドローンプラス】では、各産業分野、販売、スクールと、ドローン全般について対応いたします。
全国対応しております。ご相談ご依頼を心よりお待ちしております。

DronePlus【ドローンプラス】では、東北の山形県に拠点をおくドローン専門店です。信頼と実績ある弊社にお任せください。

産業画像

保守・点検業務分野

弊社では、ドローンを用いた点検業務も承っております。日本におけるインフラ問題にも目を向け、高精度のカメラ、高い技術力、安全な体制をもって業務を行います。

無人航空機による産業分野での運用

無人航空機(ドローン)の多くは、TV番組や映画など映像での活躍が皆さんの良く知るところと思います。

そしてドローンの技術が進むにつれ、さまざまな産業分野にて、容易にドローンを導入することが可能となりました。

例として、橋梁点検を挙げてみましょう。

従来の作業では、足場を組んで目視・打音検査により1つ1つ確認していますが、莫大なコストと日数がかかります。

そこでドローンを点検現場に活用することによって、今まで1件1件仮説工事の足場を設置していましたが、その必要がなく内臓されたカメラによって点検業務が可能になるのです。

目視及び打音検査による判断は必要不可欠です。県内に何百橋とある橋の現状を把握し、ドローンで確認を行えば、修繕最重要箇所をピックアップすることができます。

優先順位の上位から修繕をピンポイントで行えば、コスト及び工期の短縮に繋がります。

無人航空機の長所を生かす

無人航空機(ドローン)の利点とは何でしょう?

SkyLinkJapanテスト動画

やはり、如何に人間の労力なしに作業を簡略化し精度が担保され効率よくそして安全に行えることです。

点検業務においては、高所などリスクを伴う場面でも、ドローンを使って安全に検査及び点検を行い情報の共有を可能にすることが容易になりました。

例えば、DJI Zenmuse Z30のカメラ。これを使用すれば、危険な場所に近づかなくとも目視点検とほぼ同精度のゼロレベルで確認ができます。

ZENMUSE Z30

カメラによる温度の可視化

見えない世界を見る―――。FLIRカメラは微妙な温度差を可視化することで、肉眼では見えない世界のリアリティをあわらにします。

この新しい世界の見方を活用すれば、機器や建物の破損又は異常を早期に素早く見つけ出したり、行方不明になった人を発見するなど、さまざまな場面での活用が可能となります。

Zenmuse XT

電源調査、ソラーパネル検査、調査及びレスキュー、精密農業、消火活動など、もはやドローンは現代社会における私たちの暮らしに無くてはならないものだといっても過言ではありません。

点検業務 料金体制

弊社では、老朽化した構造物などのインフラ点検、人が近づくことが困難な場所の状況把握する業務も承っております。

主な案件 高所又は危険個所の確認及び点検
料金 1日/¥150,000~
使用機体 M210、INSPIRE2(完全2オペレーター体制)

点検業務における注意事項

下記注意事項をよくお読みになってください。

  • 上記料金は基本1日の業務価格です。交通費や宿泊費等経費は別途請求いたします。
  • 案件によっては事前に前乗りします。
  • 移動日、予備日は1日業務価格の50%、悪天候によりフライト不可能とパイロットが判断した場合は1日業務価格の50%、フライトありは100%請求となります。
  • データはその場で納品させていただきますので、パソコンなどのご準備お願いいたします。
  • 撮影場所のフライト許可は、発注者さまより事前に取得願います。

キャンセルに伴う料金

撮影延期、キャンセルにはキャンセル料が発生いたします。

撮影日より5日前まではキャンセル料は発生いたしません。以降より本番撮影料金に準じたキャンセル料が発生いたします。なお、悪天候による順延の場合はキャンセル料はいただきません。

キャンセル日 キャンセル料
4日前 10%
3日前 20%
2日前 30%
1日前 40%
当日 50%

お気軽にお問い合わせください。メールはdroneplus@ichijuro.co.jpからどうぞ

Copyright© Drone+【ドローンプラス】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.